買取不可の古本・中古本・CD・DVD・ゲーム

MENU

中古本買取業者で買取不可の本とは

中古本買取業者で買取不可の本とは一体とういったものなのかについてご紹介していきたいと思います。

 

それでは買取店によっては多少違いがありますが基本的に買取不可とされる中古本についてご紹介していきたいと思います。

 

  • 日焼けが酷い物(ひどい日焼けによって極度の変色してしまっているもの)
  • 水濡れ(水に濡れてしまってしゅわがでlきてふやけてしまっているもの)
  • 書き込み(特に消すことのできないマーカーなどけ書き込まれている物)
  • サイン本(サイン本は希少であっても買取できません、そういった専門の場所をおすすめします)
  • 破れ(本体やカバーに背表紙などに敗れがあるもの)
  • 付属品なし(本などに附属されているCDなどの付属品がないもの)
  • しみ汚れ(目立つシミや汚れがあるもの)
  • 表紙カバーがない(表紙カバーのあった本でそれがないもの)
  • 表紙カバーの折れ(表紙のカバーが酷く折れて折れ目が付いてしまっているもの)
  • ケース割れ(CD/DVD/ブルーレイ・ゲームソフトなどの交換がきかない特殊なケースが破損しているもの)
  • 盤面の傷(CD/DVD/ブルーレイ・ゲームソフトなど盤面に大きな傷があるもの)
  • 歌詞カードなし(CD/DVD/ブルーレイなどの歌詞カードがなくなってしまっているもの)
  • 説明書なし(主にゲームなどの説明書がなくなってしまっているもの)

 

以上これらに当てはまるようなものは買取不可の本となっています。
また、場合によってはその買取店によって買い取りが可能な場合もあります。